に投稿 コメントを残す

ルシェルシュのバレンタイン一番人気!生チョコマカロン

ルシェルシュが考案した生チョコマカロン。ありそうで、なかなかないマカロンです。生チョコをはさんだだけなんて思われちゃうかもですが、素材にこだわり、口どけにも工夫して作っています。バレンタインでも人気の商品なので、ご紹介しますね。

生チョコマカロンの素材

生チョコにはスイスにあるカルマ社(http://www.carma.ch/)のクレアーというミルクチョコを選びました。
酪農王国のミルクチョコという事もあって、とてもミルキーな美味しさのミルクチョコです。
そして外側はフランスヴァローナ社(https://www.valrhona.co.jp/)のココアを使ったショコラのマカロン。
※カルマ社のWebサイトは日本語ページがありません。


スイスカルマ社のクレアーを使った生チョコ


フランスヴァローナ社のココアを使ったマカロン

口どけの工夫

マカロンは軽い食感と、口の中で溶けていくのが特長ですが、生チョコマカロンの場合は生チョコを一緒に食べるので、すぐに無くなるマカロンではチョコだけがお口に残ってしまいます。一緒に無くなるのが良い少し焼きを長くすることでねっちり感を出し、口に残るマカロンを意識して焼いてます✨

仕上げ

チョコを斜めに入れて、少し味を締めています✨
よくお菓子は建築物と似てるといわれることがありますが、
この生チョコマカロンも立てることで少し建築物的な印象にしました。
マカロンの壊れることを防ぐのと味わいと食感に変化を持たせることに成功したのではないでしょうか。
10年ほど前に考え付いたのですが、閃いた瞬間のことを今でも鮮明におぼえています。


このかたち今回はチョコチョコですが、組み合わせを考えること沢山のバリエーションが出せるので、色んな可能性があると思ってます。

沢山のバリエーションを出したい

今まで様々な奈良の雑誌なんかに掲載していただきましたが、なかなか誰も似たような商品を作ってくれないんです…。
真似されたーって嫌がる人がたまにいらっしゃいますが、ルシェルシュは真逆です。

沢山の人が作ってくれて、その中で元祖になれたらメチャ嬉しい✨✨

という事で、今回はせっかく始まった#パティシエカメラ部レシピ課にこのアイデアを載せています。良かったら参考にして、プロの人達よりも先に流行らしちゃってくださいませ✨

インスタグラムでパティシエカメラ部のメンバーさんが何名か早速作ってくださっています。
良かったら#生チョコマカロンで検索してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。