投稿日:

毎日新聞さんに紹介して頂きました!

4/2の毎日新聞さんの「大和のオススメ!」というコーナーで古都華のケーキとキャヌレを紹介して頂きました。

掲載後には「新聞みたよ!」という感じでご来店いただくお客さまもおられて、お問い合わせも増えました。
キャヌレに関しましては数量限定にて販売しておりますので、
「どうしても食べたい!」という方はご予約をお勧め致します。

 

下記、文章の原文ままでご紹介させて頂きます。

生駒市の洋菓子店「ルシェルシュ」には、ケーキや焼き菓子、マシュマロなどが並ぶ。
「いきいきしたまちづくり」を信条に、地元食材を生かした菓子作りを続けている。
今の時期のオススメは平群町の農園「せいけファーム」で育ったイチゴ「古都華」を使ったケーキ(ショートケーキ1カット500円など)。
色とりどりのマシュマロものって華やかだ。
フランス菓子「カヌレ」(1個300円)に使うのは、生駒産の平飼い有精卵。
卵の味がしっかりする生地を市内の養蜂場で採れた蜜ろう(ミツバチの巣を溶かしたもの)でコーティングする。
代表の高木基弘さん(42)は「おいしいのはもちろんん、地元の素材を使うことで、その土地でしか味わえないものができる」と話す。
ショーケースには、顔をあしらったイチゴやクマの形のクリームがのったケーキも並ぶ。
誕生日祝いや贈答用に買い求める人が多く、高木さんは「地元食材のことや可愛い見た目が話のタネになり喜んでもらえれば」と思いを込める。
生駒市東名畑1の178コーポ五風2階。午前11時11分~午後6時9分。月木定休。電話0743-75-1552。【大西咲子】

 

記事内で書かれていた地元食材についてはその他記事で紹介していますので、気になった方はチェックして下さい。

「せいけファーム」で育ったイチゴ「古都華」

【現地取材】seikeファームさん(いちご農家さん)に行ってきました!

ルシェルシュの素材へのこだわり ~苺 古都華~

生駒産の平飼い有精卵

【現地取材】遊土ぴあ(生駒のたまご)さんに行ってきました!

ルシェルシュの素材へのこだわり ~たまご編~

市内の養蜂場で採れた蜜ろう

【現地取材】吉岡養蜂園さんに行ってきました!

ルシェルシュの素材選び ~蜂蜜~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。