に投稿 コメントを残す

ルシェルシュのガレット・デ・ロワ

「ガレット・デ・ロワ」は、直訳すると「王様のケーキ」という意味があります。フランスでは、1/6の「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)をお祝いして食べるお菓子とされていますが、現在では1/6に限らず、1月中であれば、それを囲んで家族や友人たちが集まる際に食される新年には欠かせないお菓子です。今回はガレット・デ・ロワの作る様子と、あるイベントに参加した様子をご報告します。 続きを読む ルシェルシュのガレット・デ・ロワ